本文へスキップ

費用を比較して下さい 交通事故 神戸 弁護士 栄町法律事務所

事務所の紹介 栄町法律事務所facilities


@ 交通事故事件の経験
 栄町法律事務所では、弱い立場に立たされている交通事故被害者の気持ちを考えながら仕事を進めることを基本方針としています。
 栄町法律事務所は,被害者側交通事故事件を集中的に受任する法律事務所が兵庫県内に存在しないころから交通事故事件を取り扱っており,豊富な経験を誇ります。事務所で受任している事件の90%以上が被害者側交通事故事件であるという非常に珍しい事務所です(離婚・相続・債務整理など他の分野の事件を受任するためのホームページは作成していません。)。
 特に高次脳機能障害事案については,多くの事件を受任しています。(詳しくは高次脳機能障害,現実に多数の事案を経験した弁護士しか書けない内容ですので,高次脳機能障害の被害者ご家族の方はご覧下さい。)
 また,後遺障害を認定する機関である自賠責保険調査事務所のOBがアドバイザー顧問として所属しており,レントゲン・CT・MRIなどの画像の分析やポイントを踏まえた後遺障害認定異議申立が可能という特徴を有しています。

A明確な費用
事件を依頼する費用についても,事件を始める際の着手金が不要(0円)で,事件が終了したときの報酬は,保険会社の示談金額提示前の受任の場合は,最終的に支払いを受けた額の10パーセントと消費税のみ,保険会社の示談金額提示後の受任の場合は,示談提示金額から増加した額の20パーセントと消費税のみであり,さらに訴訟となっても追加の弁護士費用は必要ありませんので,安心して依頼できます。法律相談料も無料です。弁護士費用特約の利用も可能です。

B 交通事故事件処理の質
 交通事故を受任すると宣伝するほとんど全ての弁護士のホームページに「交通事故に強い」,「医学知識がある」との記載がありますが,その弁護士が自分でそう思っていることを示しているに過ぎず,依頼者にとってどれほどの意味があるのかを検証することは困難です。「慰謝料を増額する。」との記載も目立ちますが,保険会社の提示する慰謝料を増額することは,一度も交通事故事件を経験したことがない弁護士でも可能であると思われます。
 栄町法律事務所には,後遺障害立証に必要な医学文献も法律事務所としては他に例を見ないほどに充実しています。被害者側の弁護士が後遺障害立証のために戦ってきたのであれば事務所に裁判や後遺障害認定手続きで証拠として使用する医学文献が蓄積されているはずですので,これは当事務所が実際に多数の事件の事件を経験してきた証といえます(詳しくは医学蔵書のページ)。さらに,栄町法律事務所では,自賠責保険調査事務所が導入している医療画像システムArray AOCを全国の法律事務所で唯一導入し,高解像度の医療画像を運用できる理工系研究所レベルのワークステーション及び医用モニターを備え,最高レベルの画像解析が可能です。このようなシステムは,医療及びITの専門知識がなければ運用することができませんので,今後も保険会社側を含めた他の法律事務所が導入することは難しいと思われます。
 そして,実績のページを見て頂ければ,示談でも,訴訟でも本物の実力があることがご理解頂けます。しかも,自賠責保険の後遺障害認定については,後遺障害を認定する機関(自賠責保険調査事務所)の職員OBが当事務所に在籍しているため,極めて高いレベルの対応が可能です(後遺障害異議申立の実績)。
当事務所では,事故態様が問題となるケースでは事故現場を見に行き、怪我の症状が特殊な場合には、依頼者の主治医との面談をするなど,きめ細かい対応を行っております。また、当事務所では、メールや電話だけで受任することは行わず、受任時には、弁護士が面談を行います。なお、入院中で動けない方に対しては、弁護士が病室に出向いて面談を行っております。

当事務所では、司法試験の制度が変更される以前に合格し、神戸の事務所において長年の活動をしてきた所長弁護士が全ての事件を責任を持って把握しております。

C 栄町法律事務所における自賠責保険後遺障害認定・異議申立の特徴
 治療終了時の後遺障害の程度(等級)は,賠償額を決定する上で極めて重要な要素です。たとえば後遺障害非該当であったところ,異議申立が成功し後遺障害等級7級4号が認定された現実の事案で考えると,非該当で推定計算すれば最終支払額が326万円ですが,異議申立が成功したために(それに伴い支払われた7級の自賠責金含めて)6000万円で示談できています。後遺障害の有無や程度により結果が数十倍も変わってしまうこともあるのです。 

 その後遺障害の程度(等級)は,自賠責保険調査事務所で認定され,示談交渉でも訴訟でもそれが非常に参考にされます。
 後遺障害の認定で適切な等級の認定を受けるには,どのような資料が必要か,認定された等級が不服な場合には,どのようなことを言って異議申し立てすればよいかは,経験のある弁護士にとっても大変難しい問題です。
 全国で1年間に12000件ほどの異議申立がされますが,等級変更に至るのはそのうちの僅か9%である1000件程度とのことです。
 したがって,後遺障害等級認定の異議申立は,交通事故事件において最も難しい手続きであり,その実績こそが弁護士の真の実力を反映するものといえます。(後遺障害等級認定異議申立の実績
 栄町法律事務所には,自賠責保険調査事務所でほぼ全ての後遺障害類型を網羅する4500件もの後遺障害認定調査を担当した職員のOBが,専属アドバイザーとして所属しています。後遺障害認定については,医学知識がある人を含めて様々な弁護士がインターネットで意見を述べていますが,実際に認定していた者にしか分からない部分は多いと思います。このような職員が所属している法律事務所は,全国的にもほとんどありませんので,当事務所での後遺障害認定・異議申立の進め方は特徴的であるといえます。
 弁護士と自賠責保険調査事務所OBが認定結果の妥当性を調査する後遺障害等級認定の妥当性無料診断を行っております。@等級認定票・A後遺障害診断書・B画像・C経過診断書・Dレセプト・E事案整理票をご用意頂ければスムーズに対応できます。(すべて揃わなくても構いません。)すでに等級認定されている方も,その等級が妥当かについてチェックを受けてから交渉を進めた方がよいと思われますので,お気軽にご相談下さい。(予約 078−367−3611 栄町法律事務所)

D弁護士評価サイトと景品表示法

 近時,「交通事故に強い弁護士を紹介する(ランキング・優良な弁護士を厳選)」とする弁護士情報サイトも乱立していますが,そういったサイトが交通事故を扱う弁護士の網羅的な調査を行ったことなど一度たりともありませんので単なる宣伝サイトです。一般の人が第三者による評価サイトと誤認するような宣伝サイトは,いわゆるステルスマーケティングであり,景品表示法上の優良誤認表示に該当する可能性がありますので、当事務所ではそういったサイトには広告を出稿していません。


*違法・不当な請求を希望される方や事務職員が怖がるような話し方をされる方の相談・依頼はお断りします。

栄町法律事務所
〒650−0022
神戸市中央区元町通6−1−1栄ビル4階
電話078−367−3611

弁護士  中 島  賢 二 郎
  日弁連交通事故相談センターあっ旋委員
  日本司法支援センター審査委員
  日本交通法学会会員

  (元)近畿弁護士会連合会交通事故委員
弁護士  安  東  直  哉
  日本交通法学会会員
  日弁連交通事故相談センター相談員

弁護士  吉  田    皓
  日本交通法学会会員
  日弁連交通事故相談センター相談員
  他に警察関係公益財団法人の相談員,研修会の講師等の活動

(兵庫県弁護士会所属)

(写真:上から栄町法律事務所の外観(栄ビル)・会議室・書架・骨格モデル・シャウカステン(レントゲン・MRIフイルムを見る際に用いる機器))